リデンシルはまつ毛にも効果あり?

近年、育毛業界で注目を集める成分がリデンシルです。この成分には毛母細胞を強くする働きが期待できるといわれており、実際に厚生労働省から医薬部外品としても認可を受けている薄毛改善の新しい成分です。

そんなリデンシルは、実はまつげ用美容液にも最近では使われることが増えています。まつ毛も髪の毛と同じく、毛母細胞が細胞分裂していくことで生育するわけですから、確かに同等の効果があるように感じられます。そこでリデンシルのまつ毛育毛の効果について詳しく見ていきましょう。

リデンシルがまつ毛の育毛にも効果がある理由

リデンシルには毛母細胞を活性化して毛を生やす働きがあるわけですから、髪の毛同様にまつ毛にも効果が期待できると言ってよいでしょう。それだけでなく、この成分には、毛乳頭細胞に刺激を与えて線維芽細胞の活性化を促す働きがあるとされています。この線維芽細胞とは、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどの真皮となる部分を作る成分です。

目元は乾燥や紫外線の影響を受けやすく、加齢によってシワやたるみなどもできやすい場所です。その部分の線維芽細胞が活性化するということは、目元の環境が整って、シワやたるみの改善にも役立つことが期待されます。目元が健康になるということは、まつ毛を育てる土台部分が健康になるということですので、その意味でも育毛効果が期待できると考えてよいでしょう。

副作用が少なくて目元への使用も安心

リデンシルの良いところは副作用が少ないことです。育毛成分にはさまざまな種類がありますが、なかには刺激が強くて肌に炎症を起こしやすい種類もあります。その点、リデンシルは、育毛成分として高い実績のあるミノキシジルよりさらに高い効果があり、しかも、副作用はミノキシジルより少ないことがわかっています。

つまり、この成分は、皮膚が薄く肌トラブルに発展しやすい目元に使用するのに最適な成分と言ってもよいでしょう。従来のまつ毛美容液が肌に合わなかった人でも、安全に使用できる可能性が高いです。

まつ毛に効果を感じるためには1か月程度は継続して使用すること

このように、まつ毛の育毛にも効果が期待できるリデンシルですが、使ってすぐに毛が生えてくるほど高い即効性があるわけではありません。効果が感じられるまでに2週間から1か月程度は継続して使用する必要があります。健康で美しいまつ毛を育てたい方は、その点には注意して、リデンシル配合のまつげ美容液を試してみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*